blog 森のひろば  >> 記事詳細

2019/06/14

紫陽花

Tweet ThisSend to Facebook | by info
                  紫陽花(アジサイ)

 6月から7月に開花する紫陽花。原産地はなんと日本!紫陽花は、「青い花がたくさん集まって咲く」という意味からそう呼ばれています。開花期間が長いことから飾り花として使われることも多くなってきた紫陽花。しかし、紫陽花の葉っぱには毒性があり、摂取すると過呼吸や痙攣などを起こし、死亡することもあるので注意が必要です。

                  紫陽花の花言葉

 紫陽花にはいくつかの花言葉があります。
 良い意味の花言葉は「辛抱強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」などがあります。「辛抱強い愛情」は雨が降る季節にも負けず花を咲かせるところから、「一家団欒」、「家族の結びつき」は、小さな花が集まって咲く姿からそういわれています。
 悪い意味の花言葉は「移り気」「浮気」「冷淡」などがあります。「移り気」、「浮気」は、紫陽花の花色が変化する特徴から生まれたとされています。そして「冷淡」の花言葉は、日本で咲く紫陽花の花色が青や藍といったクールな色彩が多いからだといわれています。
 最近は、プレゼントとしても人気な紫陽花。プレゼントをする際は、花言葉付きのメッセージを添えるのもいいですね。また、紫陽花の色によっても花言葉は変わるので気になる方はぜひ調べてみてください!(投稿者:磯谷)

      
16:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)