長崎県森林ボランティア支援センター

 
✿平成28年度緑の募金「県民参加の森林づくり事業」の実施について✿

1.目的
 ・・・緑の募金を活用して、森林や緑に対する県民の関心を「県民参加の森林づくり」運動の発展へとつなげるため、地域の団体等が実施する記念植樹等に対し、予算の範囲内で助成することを目的としています。

2.助成対象者
 ・・・次の団体等を助成金の対象とします。ただし、植栽後の管理が適正に実施できると認められる団体に限ります。
 ①3人以上で組織されたグループ等
 ②地区町内会
 ③学校
 ④その他適当と認められる団体

3.助成対象経費
 ・・・助成対象経費は以下のとおりです。
 ①植栽用苗木購入に要する経費
 ②標柱作製(購入)に要する経費

4.申請
 ・・・事業を実施しようとする団体等は様式第1号による申請書を長崎県緑化推進協会理事長に提出するものとします。

事業期間
 単年度とし、長崎県緑化推進協会の会計年度内でかつ4月30日までに事業完了見込みのものに限ります

助成額
 30万円以内

申請期限
 平成29年2月28日

実施要領についてはこちら(実施要領.PDF)をご覧下さい

また、申請書はこちら(「県民参加の森林づくり事業」支援交付申請書.PDF)からダウンロードして下さい

《留意事項》

◇事業期間は単年度とし、長崎県緑化推進協会の会計年度内で、かつ4月30日までに事業を完了見込みのものに限る
◇助成金は30万円以内とする。
◇植栽樹種は地域に生育している郷土樹種を原則として植栽する。
◇ツツジ、サツキ等の低花木だけの植栽は不可、中高木との構成での植栽とする。
◇植栽本数は10本以上(捕植・移植はみとめない。)、1本あたりの単価は5,000円以下のものに限る。
◇植栽樹種の見積もりについては、必ず2社以上の専門業者の見積書(樹種毎、規格を明示)を添付すること。(見積書コピーの場合は、原本証明を行うこと。)
◇事前に事業実施個所土地所有者の同意を得ていること。
◇事業実施後は標柱を設置するとともに、広報誌等を通じ「緑の募金」による助成事業の広報を行うこと。
 
- - - 花王・みんなの森づくり活動 - - - 


募集期間:(8月1日)~10月14日


花王は2000年より、公益財団法人都市緑化機構とのオリジナル緑化プログラム
「花王・みんなの森づくり活動」を行っています。
2011年からはプログラムをリニューアルし、
「森づくり活動」・「環境教育活動」の2つの分野で緑を守り育てる活動を支援しています。


◆花王・みんなの森づくり活動とは?◆
国内で身近な緑を守り、育てる活動と身近な緑を活用し、
子どもたちに緑とのふれあいの機会を創出する活動を支援しています。

・地域にふさわしい身近な緑の創出と保全
・緑とふれあう学習、レクリエーションの場の創造
・緑と人がともに成長する住民参加の活動

樹木の保護、植栽、草刈、池づくり、鳥の巣箱の設置、シンボルとなる大樹の育成等です。
事業所近郊の団体の活動には社員が参加し、
地域のボランティアの方々と一緒に活動をすることもあります。


◆- - プログラムの概要 - -◆

〇森づくり活動分野
 
対象団体:森づくり活動に関わる団体
活動内容:市民による植樹や樹木の管理、里山や雑木林などでの保全と復元活動など
助成期間:3年間
助成金額:1年目50万円(2年目:50万円、3年目:25万円)を上限に助成 


〇環境教育活動分野

対象団体: 環境教育活動に取り組んでいる団体
活動内容:緑地や里山をフィールドとした活動で、
      植樹や里山保全活動などを通じて環境を大切にする心を育む活動 
助成期間:3年間
助成金額:1年目50万円(2年目:50万円、3年目:25万円)を上限に助成


◆ - - - - 様式はこちらからダウンロードしてください - - - - ◆
 2016年応募要項【花王HP
 森づくり活動分野申請書【エクセル
 環境教育活動分野申請書【エクセル
 
緑の募金による「森林整備事業」

緑の募金による広域的な森林の整備を促進するために実施する「森林整備事業」に対して、
その経費を助成するために必要な事項を定めることを目的とする。

○助成金の対象者
 1.ボランティア団体
 2.市町村緑化推進協議会等
 3.森林組合(公共事業として採択ができない事業または地域で、かつ地形などから勘案して
         上記1および2の団体では対応が困難である場合、若しくは森林組合の区域外で
         ある町村が広くボランティアを募集して実施する場合)

○対象となる事項内容
 1.森林の整備作業に参加するものを募集するとき、その対象者の範囲が複数の市町(広域)で
   ある場合。。
 2.対象地が水源林又はそれに準じる機能をもつ森林である場合
  「森林整備」とは、「森林・原野等への植栽(街路樹等の植栽を除く)・下刈・整理伐・枝打
  ・間伐およびそれらの作業を実施するのに必要な作業道・歩道の整備」をいう。

 3.対象経費
 (単年度とし、5月10日までに事業完了見込みのものに限る)
原則として20万円以内とする。


詳しい内容は、長崎県緑化推進協会までお問い合わせください。
 
平成28年度 緑と水の森林ファンド
公募事業の実施について


国土緑化推進機構では幅広い民間の非営利団体などの主体的・多様な参加による
「国民参加の森林づくり」運動の推進を図るため以下により「緑と水の森林ファンド」事業の
公募を実施します。

■募集期間■ 
 平成28年2月15日~平成28年3月31日(消印有効)

■助成対象者■
 民間の非営利団体、非営利の法人、個人(調査研究に限る。)

■助成対象事業■ 
 ①普及啓発:森林・緑・水に対する国民の認識を深めるため普及啓発活動
 ②調査研究:地域材の利用・山村資源の有効活用や森林の公益的機能の増進に係る調査研究
 ③活動基盤の整備:森林づくり活動を通した農山村と都市住民等との交流促進
 ④国際交流:国内で開催される森林に関する国際会議への支援、森林・林業に関する海外との情報交換

■事業期間■
 平成28年7月1日から平成29年6月30日まで 
 ※なお森林ボランティア活動に対する理解とその社会的地位向上のため設定された
「9月第3日曜日の「森林ボランティアの日」に併せて、可能な範囲で事業の一部(または全部)を計画してください。

■助成金限度■
 団体:150万円
 個人:100万円

■応募方法■
 募集要項の様式1.緑と水の森林ファンド公募事業助成申請を提出してください。


■募集要項■
 「緑と水の森林ファンド」公募事業募集要領

問い合わせ先:
長崎県緑化推進協会
☎095-829-1827
 
「花王・みんなの森づくり活動助成について」

緑や自然とのふれあいは、子供たちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。
「花王・みんなの森づくり」は、次の世代により良い環境を引く継ぐことを目的に、市民による
緑を守り、育てる活動を応援するものです。より良い環境を引き継いでいくためには、
緑豊かな環境を創出する環境づくりの活動と、それを育む人づくりの両面が大切であり、
こうした活動は長期的な視点で継続することが必要だと考えます。
この助成プログラムでは、「森づくり活動分野」(環境づくり)と、
「環境教育活動分野」(人づくり)を2つの柱として、3年間にわたり、
NPOや市民活動団体を支援してまいります。


(助成をうけられるのは、どんな団体?)
国内で身近な緑を守る、育てる活動(森づくり活動)に取り組んでいる団体と、
身近な緑を活用し、子供たちに緑とのふれあいの機会を創出する活動(環境教育活動)に
取り組んでいる団体が対象となります。
・団体には町内会や学校などを含みますが国や地方公共団体は対象になりません。

(どんな活動が対象になるの?)
身近な場所での市民による森づくり活動と環境教育の2つの分野で、
地域社会に寄与するものが対象となります。
・森づくり活動分野:植樹や樹木の管理、里山や雑草林などでの保全と復元活動など
・環境教育活動分野:緑地や里山をフィールドとした環境教育活動で、
 植樹や里山保全活動などを通じて環境を大切する心を育む活動など

(助成の対象となる期間は?)
2016年3月から2019年3月までの3年間となります。
ただし、活動の状況等によっては2年目以降の助成の継続を
中止させていただく場合があります。

(助成金の上限と助成を受けられる団体の数は?)
1団体あたりの助成金の上限は、50万円(1年目)とし、
15~20団体程度の助成を予定しています。
※継続団体に対する2年目以降の助成金の上限は、2年目50万円、3年目25万円となります。

(助成金の資金使途に決まりはあるの?)
【森づくり活動団について】
・森づくり活動に必要な苗木、器具、資材などの購入費
・会の関係者以外の専門家(学識経験者など)による森づくり活動の指導等に対する
 謝金や交通費
・専門的な知識や技術を要し、団体で実施することが困難な作業の専門業者への委託費
・会員以外の市民が参加する活動時の活動日を限定した保険料
・参加者募集に係わる広報経費や報告用写真代などの事務費
・団体の運営上、必要となる経費

※対象外となる経費
・他の団体への補助(助成)などを目的とした費用
・会員のみを対象とした飲食代
・会員の労務費、交通費、保険料


詳しくは、公益財団法人都市緑化機構のHPをご覧下さい。



募集期間:2015年8月1日~10月16日(当日消印有効)
申込先:公益財団法人都市緑化機構「花王・みんなの森づくり活動助成」事務局
     〒101-0051 
       東京都千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2階
電話:03-5216-7191
fax:03-5216-7195
 

緑の募金「県民参加の森林づくり事業」

平成27年度 緑の募金「県民参加の森林づくり事業」の実施について


森林や緑に対する県民の関心を「県民参加の森林づくり」運動の発展へとつなげるため、記念植樹等に対し助成する事業です。

1.申請書提出期限: 平成28年2月28日 
  (長崎県緑化推進協会の年度内でかつ4月30日までに事業完了見込みのものに限る)

2.助成金: 20万円以内

3.助成対象者: ①3人以上で組織されたグループ等、②地区町内会、③学校、④その他適当と認められる団体

4.助成対象経費: ①植栽用苗木購入経費、②標柱作製(購入)経費

5.問い合わせ先(提出先): 長崎県緑化推進協会 電話095-829-1827
 

ふるさとの森林再生事業

平成26年度 緑の募金事業・都道府県緑推推薦事業

「ふるさとの森林再生事業

ー受付終了しましたー

未来に豊かな国土を引き継ぎ、東日本大震災を契機に高まったふるさとの絆を醸成するため、ふるさとのシンボル的な森林再生の取組を進める事業を、都道府県緑化推進委員会の推薦に基づき募集を行います。

【支援対象事業】
 ○ふるさとのシンボルとなる森林の造成や、記念樹の植樹による森林の造成、希少性など価値ある森林の保護増殖、地域の象徴的な樹木で衰弱したものの樹勢回復措置などにより「ふるさとの森林(もり)」を将来に亘って引き継いでいくための取り組みを行う事業であること。
 ○NPO、自治会、森林ボランティア団体などの組織が、単独または地方自治体、ボランティア団体等と連携して、企画・実施する事業であること。
 ○整備した森林が将来に亘って、確実に維持管理される事業であること。



1.募集期間: 平成26年2月15日~3月31日まで ※当日消印有効

2.実施期間: 平成26年7月1日~平成27年6月30日までの1年間

3.緑の募金交付金: 標準事業費50万円(特認事業は最大100万円)以内

4.問い合わせ先:長崎県緑化推進協会 電話:095-829-1827
 

国民参加による災害に強い森林づくり事業

平成26年度 緑の募金事業・特定公募事業

「国民参加による災害に強い森林づくり事業」

ー受付終了しましたー

「国民参加の森林づくり」運動の持続的・自立的な担い手の育成を目指したモデル事業を募集します。

【支援対象事業】
 ボランティア団体等が、単独または、他のボランティア団体、自治体などを連携して企画実施する災害に強い森林づくりに係る次の活動 
 ○被災森林の復旧(簡易な森林土木工事と一体的に行うものを含む。)
 ○災害を予防する森林づくり(簡易な森林土木工事と一体的に行うものを含む。)
 ○海岸防災林の整備(簡易な森林土木工事と一体的に行うものを含む。)
 ○森林の整備と連携して行う林業・森林土木技術の研修
 ○森林の整備と連携して行う普及啓発活動

1.募集期間: 平成26年2月15日~3月31日 ※当日消印有効。

2.実施期間: 平成26年7月1日~平成27年6月30日の1年間

3.緑の募金交付金: 標準事業費200万円(最大300万円)以内とします。

4.問い合わせ先: 長崎県緑化推進協会 電話:095-829-1827
 

平成26年度「緑の募金」一般公募事業の応募について

平成26年度「緑の募金」

~森林ボランティアによる人と森の豊かな関係の構築をめざして~

ー受付終了しましたー

森林づくり活動の新たな領域の開拓を期待するとともに、
身近なテーマに対する取組も支援するため、下記により公募を行います。

1.募集期間: 平成26年2月15日~3月31日 ※当日消印有効。

2.実施期間: 平成26年7月1日~平成27年6月30日の間
          (可能な範囲で、活動の一部またはすべてを
          「森林ボランティア活動の日(9月第3日曜日)」の
          前後1ヶ月の間に実施できるようんび計画をしてください。)

3.緑の募金交付金: 一事業あたり300万円を限度

4.問い合わせ先: 長崎県緑化推進協会 電話:095-829-1827