長崎県森林ボランティア支援センター

 
◆ 応急手当・安全管理 ◆


《 応 急 手 当 》
 活動中の怪我や病気がないように心がけていただいていますが、
 万が一、急な怪我や病気に見まわれたときの応急手当として参考にされてください。

 □ 蜂 編 (2016.09.15更新)


《 安 全 管 理 》
 活動される際には安全第一で活動されてください。


 

《 応 急 手 当 》

◆応急手当◆
2016/09/15

□ 蜂 編

Tweet ThisSend to Facebook | by info
  蜂に要注意! 


夏場の活動で特に注意すべきものに蜂に刺されるということです。
蜂は無差別に人を攻撃するわけではありません。

 ●巣への接近に対する警戒
 ●巣への接近に対する威嚇
 ●巣へ間接的刺激に対する攻撃
 ●巣へ直接的刺激に対する攻撃

蜂災害を防ぐためには巣に近寄らない、振動などの刺激をあたえない、巣の近くで作業を行わない、防蜂網の着用、殺虫スプレーなどの携行が大切です。

手当
蜂毒アレルギーは、蜂に刺されてから約15分以内に症状が出ますので、応急手当、病院へいくようにしてください。
 ☑冷静にその場から離れましょう。
 ☑針が残っている時は横に払って落とします。(針をつままないで!)
 ☑毒をとりましょう(毒吸引器があれば使用してください。吸い取らないで!)
 ☑冷やして病院にいきましょう。

冷静に落ち着いて手当をし、病院へいってください。
15:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

《 安 全 管 理 》

◆安全管理◆
一件も該当記事はありません。